公正証書遺言

公正証書遺言とは、遺言の方式の一つで、具体的には、証人二人以上の立ち会いのもとで遺言者が遺言の趣旨を公証人に口授し、公証人が遺言者の口述を筆記し、遺言者および証人に読み聞かせまたは閲覧させて筆記の正確性を承認した後に各自が署名捺印して作成されたものをいいます。

公証人は,公証人になる前は。裁判官,検察官等の法律実務に携わってきた法律の専門家で,正確な法律知識と豊富な経験を有しています。したがって,複雑な内容であっても,法律的に見てきちんと整理した内容の遺言にしますし,もとより,方式の不備で遺言が無効になるおそれも全くありません。公正証書遺言は,自筆証書遺言と比べて,安全確実な遺言方法であるといえます。

法律知識と資格のある公証人が遺言の作成に関することにより、遺言の内容や方式が正確であるだけでなく、偽造・変造のおそれもありません。

そのため、公正証書遺言は、遺言者が法定のルールに従い自ら作成した自筆証書遺言と異なり、家庭裁判所における検認が不要となります。公正証書遺言は、原本が必ず公証役場に保管されるため,遺言書が破棄されたり,隠匿や改ざんをされたりする心配もありません。そのため、自筆証書遺言と異なり、遺言の紛失の恐れもないなどのメリットがあります。

なお,遺言者が高齢または病気等のため,公証役場に出向くことが困難な場合には,公証人が,遺言者の自宅または病院等へ出張していただき遺言書を作成することもできます。 

アクセス

千葉事務所

千葉駅徒歩3分

千葉市中央区新町1-17
JPR 千葉ビル12階
詳しく見る