財産目録

相続財産目録(遺産目録)とは、被相続人の相続財産(遺産)を記載した一覧表のことをいいます。

相続財産の把握は、相続人の把握とともに、遺産分割の前提となる重要なものです。遺産の漏れがある場合、再度遺産分割協議を行わなければいけなくなったり、相続財産目録には、積極財産(不動産、預貯金)だけでなく消極財産(借金など)も記載します。

財産目録シートには、財産の内容だけでなく、その評価も合わせて記載することが役に立ちます。具体的には、被相続人が所有していた自宅の土地や建物といった不動産の評価額、現金や預貯金の残高、株式や債券などの有価証券の評価額に加えて、自動車や貴金属品などその他の動産の評価額などを記載するとよいです。

なお、死後に相続人が、被相続人の遺産目録を作成することは大変なことから、生前に遺言を残したり、財産一覧を残したりすることが近時、注目されています。

アクセス

千葉事務所

千葉駅徒歩3分

千葉市中央区新町1-17
JPR 千葉ビル12階
詳しく見る