死因贈与

 死因贈与とは、贈与者が死亡することによって効力を生ずる停止条件付の贈与契約のことをいいます。

遺贈が単独行為であるに対し、死因贈与は契約という違いがあります。

贈与は、贈与者と受贈者の双方の合意(契約)により成立します。贈与契約は、法律上の単独行為とは異なり、当事者双方の合意が必要となりますが、当事者が複数いる場合の他の契約(たとえば売買契約など)と異なり、原則として、無償で与えるという特性があります。

そのため、贈与は、贈与者の意思が重要になります。

また、贈与者が贈与にあたり、条件や期限を付けることもあります。この際、受贈者が何らかの義務を負担するものを負担付き贈与といい、受贈者がその義務を履行しない場合、その贈与契約は実現されないものとなります。

もっとも、死後における財産の処分を目的とする点が「遺贈」と類似するので、民法の「遺贈」の効力に関する規定が準用されます。

アクセス

千葉事務所

千葉駅徒歩3分

千葉市中央区新町1-17
JPR 千葉ビル12階
詳しく見る