失踪宣告

失踪宣告とは、民法に定めのある制度で、生死不明の不存在者について、一定期間が経過した場合、利害関係人の請求により家庭裁判所による失踪宣告がされ、失踪者の死亡が擬制される制度をいいます。失踪宣告により、相続関係が生じることになります。

失踪宣告は、失踪者をめぐる身分上、財産上の不安定な状態を解消するための法的な制度であり、特に相続関係が発生した場合に用いられることが多いものです。

失踪宣告により、失踪宣告を受けたものは死亡したものと擬制(みなされ)され、その者の権利義務関係に重大な影響を与えるため、家庭裁判所による判断がなされます。

民法には以下のような条文が定められています。

30条(失踪の宣告)1 不在者の生死が七年間明らかでないときは、家庭裁判所は、利害関係人の請求により、失踪の宣告をすることができる。2 戦地に臨んだ者、沈没した船舶の中に在った者その他死亡の原因となるべき危難に遭遇した者の生死が、それぞれ、戦争が止んだ後、船舶が沈没した後又はその他の危難が去った後一年間明らかでないときも、前項と同様とする。

31条(失踪の宣告の効力)前条第一項の規定により失踪の宣告を受けた者は同項の期間が満了した時に、同条第二項の規定により失踪の宣告を受けた者はその危難が去った時に、死亡したものとみなす。

アクセス

千葉事務所

千葉駅徒歩3分

千葉市中央区新町1-17
JPR 千葉ビル12階
詳しく見る