自筆証書遺言

自筆証書遺言とは、遺言の方式の一つで、遺言者が全文、日付、氏名を自書して押印して行われたものをいいます。

自筆証書のメリットとしては、自筆できる人であれば誰でも単独で作成することができ、公証人の関与や証人の立会などは不要です。自筆証書遺言は、安価で簡便という利点がある反面で、方式不備で無効になるおそれや遺言の偽造、変造、隠匿、破棄のリスクがあるので注意が必要です。

遺言の方式としては、他に法律の専門家である公証人に作成してもらう遺言である、「公正証書遺言」などがあります。

自筆証書遺言の作成の主な流れです。

・相続財産の状況、相続人の状況、遺贈を行いたい関係者の整理  ※この際、客観的な資料等を準備

・必要なもの(用紙、ペン、実印)を用意する

・相続人の状況や相続財産などを踏まえたうえで遺言内容を考える

・遺言内容を紙に書き出して原案を作成し、内容の確認を行う

・付言事項と呼ばれる、残される家族、関係者へ自分のメッセージを伝える部分も作成する

・用意した用紙に清書して、作成した日を記入し、署名押印する

・書き終わった遺言書を再度見直して、誤字脱字はないか、要件は満たしているのか最終確認を行う

・遺言書を封筒などに入れて保管する

アクセス

千葉事務所

千葉駅徒歩3分

千葉市中央区新町1-17
JPR 千葉ビル12階
詳しく見る