死亡退職金

死亡退職金とは、労働者が在職中に死亡した場合に使用者から給付される金銭で、死亡当時に生活を共にし、生活を維持していた者の生活を救済するために支給されるものをいいます。

相続人だけでなく、内縁の妻などが給付を受けることが出来る場合があります。

死亡退職金が相続財産に含まれるかどうかは、受取人の指定の有無により異なります。また、相続財産に含まれないとしても、その金額によっては、特別受益になる可能性もあります。

相続人が受け取った退職手当金等はその全額が相続税の対象となるわけではなく、主な条件、計算式は、以下のとおりです。

全ての相続人(相続を放棄した人や相続権を失った人は含まれません。)が取得した退職手当金等を合計した額が、非課税限度額以下のときは課税されません。
 非課税限度額は次の式により計算した額です。

500万円×法定相続人の数=非課税限度額
 なお、相続人以外の人が取得した退職手当金等には、非課税の適用はありません。

アクセス

千葉事務所

千葉駅徒歩3分

千葉市中央区新町1-17
JPR 千葉ビル12階
詳しく見る