死亡保険金

死亡保険金とは、被相続人が生命保険に加入していた場合、被相続人の死亡によって支払われる保険金をいいます。死亡保険金が相続財産かどうかは、受取人が誰になっているかで変わります。死亡保険金は受取人の固有の財産とされ、相続人が受取人になっている場合には、相続財産には当たらず、また死亡保険金が多額になる場合であっても、原則として特別受益にはあたらないとされています。

死亡保険金には、以下のとおり、「所得税」及び「相続税」が課せられる場合があります。

所得税が課税されるのは、上記1の表のように、保険料の負担者と保険金受取人とが同一人の場合です。この場合の死亡保険金は、受取の方法により、一時所得又は雑所得として課税されます。

・死亡保険金を一時金で受領した場合
死亡保険金を一時金で受領した場合には、一時所得として扱われます。
一時所得の金額は、その死亡保険金以外に他の一時所得がないとすれば、受け取った保険金の総額から既に払い込んだ保険料又は掛金の額を差し引き、更に一時所得の特別控除である50万円を差し引いた金額です。課税の対象は、この金額を更に2分の1にした金額です。

・死亡保険金を年金で受領した場合
死亡保険金を年金で受領した場合には、雑所得とされます。
雑所得の金額は、その年中に受け取った年金の額から、その金額に対応する払込保険料又は掛金の額を差し引いた金額となります。

アクセス

千葉事務所

千葉駅徒歩3分

千葉市中央区新町1-17
JPR 千葉ビル12階
詳しく見る