借地権

借地権とは、土地の賃借権と建物の所有を目的とする地上権をいいます。借地権については、民法や借地借家法にその規定があります。「建物の所有を目的とする地上権及び土地の賃借権」(借地借家法第1条)をいいます。

借地権や借家権も相続財産に含まれます。相続人は借地権や借家権を引継ぎ、特別な手続を要することなく借地人や借家人になります。なお、この際、名義変更料などを支払う必要はありません。

借地権に類似するものとして、土地の上に建つ建物の所有を目的とする「地上権」「土地賃借権」、「永小作権」「地役権」などがあります。

建物所有目的の賃借権と地上権の違いとしては、以下の点が挙げられます。

1.地上権には抵当権が設定できるが、賃借権には設定できない。

2.法律上、地上権者とは異なり、賃借権者は必ず賃料の支払い義務がある(支払義務のないものは「使用貸借」)。

3.地上権は物件として、登記の移転請求ができるが、賃借権の場合、土地所有者の協力を得られないと登記はできず、実際にも登記が行われる例はまれである。

アクセス

千葉事務所

千葉駅徒歩3分

千葉市中央区新町1-17
JPR 千葉ビル12階
詳しく見る