家父長制度(旧相続制度)|弁護士による相続用語集

家父長制度とは、相続の場面において、家の統率者である「戸主」とその他の家族である「家族員」から構成される家族制度をいいます。

弁護士法人ベストロイヤーズ法律事務所千葉事務所においても、相続の場面において、相続人の確定のため、必ず戸籍類を確認しますが、家制度、家父長制度の名残は、現在でも戸籍簿のつくりで確認することができます。これは、現在の戸籍(基本的に、夫婦と結婚していない子どもで作成)と異なり、家父長を中心とした作りで作成されており、弁護士への相続相談の場面でも、戸籍の見方の相談を受けることがあります。

家制度、家父長制度とは、戦前の日本の家族、相続制度であり、家族、身分関係を規律するさまざまな法律の基礎となる考え方とされていました。

家制度・家父長制度では、戸主が家族の身分行為に対する同意権などを通じて家族員に対する支配権を有し、家の財産は戸主に帰属するなどの特徴を有します。家制度のもとでは長男単独相続制を原則とする家督相続によって、戸主の地位と家産を代々承継させることで制度の維持が図られました。現在では、女性差別、長子・男子を優先するという子ども間の差別などにより、家制度は憲法第24条法の下の平等など)に反するとされ廃止されました。

相続制度においても、家制度、家父長制度が廃止されたことにより、民法において、配偶者、子、親の概念などをはじめとする新たな相続制度が施行されています。

弁護士法人ベストロイヤーズ法律事務所(千葉)
弁護士大隅愛友(おおすみよしとも)

 

アクセス

千葉事務所

千葉駅徒歩3分

千葉市中央区新町1-17
JPR 千葉ビル12階
詳しく見る