推定相続人

推定相続人とは、相続が開始した場合に相続人となるべき人のことをいいます。相続の開始前については、推定相続人の語が用いられ、推定相続人とは相続が開始することによって最先順位で相続人となる資格のある人の事をいいます。

推定相続人は、相続開始後は、相続人となりますが、以下のような「相続欠格」、「相続人の廃除」を受けた場合には、相続関係から除かれます。

(相続欠格) 法定相続人が相続に関して、以下のような不正な利益を得ようとして不正な行為をし、またはしようとした場合に、そのような法定相続人が法律上当然に相続人の資格を失うことをいます。

相続欠格事由:被相続人への生命侵害行為があった場合。遺言行為への違法な干渉があった場合

(相続人の廃除) 相続欠格は、なんの手続きもなく相続権を当然に失うものですが、これに対し相続人の廃除は、被相続人の意思によって相続権を奪う制度です。

なお、廃除の対象は、遺留分を有する推定相続人に限られます。遺留分を持たない兄弟姉妹については、相続させたくない場合には、遺言で相続させないことができるためです。

相続人廃除の事由:被相続人への虐待や重大な侮辱行為があった場合

被相続人となる人が生きている間は、推定相続人は、相続に関して何らの権利を有しておらず、被相続人となる人の遺言が無効であるという遺言無効確認訴訟などを提起することは、判例上認められていません。

アクセス

千葉事務所

千葉駅徒歩3分

千葉市中央区新町1-17
JPR 千葉ビル12階
詳しく見る