生前廃除

廃除(生前廃除)とは、相続開始前(被相続人が生存中)に、家庭裁判所に、ある相続人(となるべきもの)を相続人から廃除(相続人の地位を失わせること)について、調停または審判を申し立てることをいいます。

廃除が認められる場合、その相続人は、当該被相続人の相続について相続人としての地位を失い、相続することができなくなります。

廃除の理由: 被相続人に対して虐待したとき。被相続人に対して重大な侮辱行ったとき。犯罪など著しい飛行があったとき。その他の「著しい非行」:被相続人の財産を不当に取得、処分した。賭博などを繰り返し多額の借金をつくりこれを被相続人に弁済させた。浪費、遊興、犯罪行為などの問題行為を繰り返した。重大な犯罪行為を犯し有罪判決を受けた。(相続人が養子である場合)縁組を継続しがたい事由があること

但し、家庭裁判所はこれらの事由があったとしても必ず相続人の廃除を認めるという訳ではありません。

 なお、推定相続人の排除は、遺言書に記載している場合もありますが、生前に家庭裁判所へ排除の申立をしていることもあります。

アクセス

千葉事務所

千葉駅徒歩3分

千葉市中央区新町1-17
JPR 千葉ビル12階
詳しく見る