相続人の廃除|弁護士による相続用語集

遺産分割「相続人の廃除」の用語解説

弁護士 大隅愛友.jpg 弁護士による相続・遺産分割相談.png

相続人の廃除とは、相続の場面において、遺留分を有する推定相続人が被相続人に対して虐待等の著しい非行があったときに、被相続人が家庭裁判所に「推定相続人廃除」の申立てを行い、その遺留分を有する推定相続人について遺留分を含む相続権を失わせる制度のことをいいます。

多数の相続のご相談をいただいている弁護士法人ベストロイヤーズにも、相続人の廃除のご相談がありますが、実際には、被相続人の死後に、被相続人に対して相続人が虐待をしていたことが分かったので何とかしたいというケースがほとんどであり、また、それを裏付ける証拠がほとんどないという事例が多く、弁護士としても、対応が困難な場合が少なくありません。

相続人の廃除の対象となるのは「遺留分を有する推定相続人」です。
具体的には、財産を遺す者の推定相続人が配偶者や子、父母などになります。

なお、推定相続人が兄弟姉妹になるときには「相続人の廃除」はできません。
兄弟姉妹は遺留分が認められていないので、「遺言書」を書くことで兄弟姉妹に財産を遺さないようにすることができるからです。
推定相続人が兄弟姉妹のみであって財産を渡したくない場合は、「遺言書」を作成することをお勧めします。

<廃除の例>
・財産を遺す者を虐待した場合
・財産を遺す者に重大な侮辱をした場合
・相続人となる者が著しい非行をした場合
  被相続人の財産の大部分を勝手に処分した、重大な犯罪(強盗、殺人等)を犯した、
  度重なる多額の借金を繰り返すなどして家庭を顧みない等

相続人の廃除の制度は、法律上当然にその効力を生じる「相続欠格」とは異なります。

弁護士 大隅愛友

アクセス

千葉事務所

千葉駅徒歩3分

千葉市中央区新町1-17
JPR 千葉ビル12階
詳しく見る