特別寄与料

遺産分割「特別寄与料」の用語解説

弁護士 大隅愛友.jpg 弁護士による相続・遺産分割相談.png

相続弁護士の大隅愛友です。 

相続のご相談の際に,相続人以外の方(相続人の配偶者,孫等)が被相続人に対して特別な貢献(寄与)がある場合,その貢献を反映できないかというご相談をしばしば受けます。 

従前認められていた「寄与分」の制度とは異なり,相続人以外の方の貢献を相続の際に反映させる制度となります。なお,従前の寄与分も,他の相続人が特別な貢献性を否定することが多く,また家庭裁判所でも認められにくい制度であり。特別寄与料の請求も同様と考えられます。

特別寄与料の請求は紛争になることが少なくないため,請求を希望する場合には弁護士等の専門家へご相談をお勧めします。 

1 定義

特別寄与料とは,相続人以外の被相続人の親族が無償で被相続人の療養看護,事業経営等で特別な貢献を行った場合,その貢献(寄与)の度合いに応じて認められる金銭のことをいいます。

2 内容

従前の制度である「寄与分」は主張権利者が,相続人に限られていました。そのため,相続人以外の相続人の配偶者や孫が介護に尽くしていても,その貢献の主張は遺産分割において一切認められていませんでした。同様の行為を相続人が行っていれば「寄与分」として法律上認められるにもかかわらず,相続人以外の人が行った場合には全く認められないということは公平ではないという考えから制度が作られたものです。

3 よくある誤解

① × 「相続人は寄与の主張が出来なくなる」。
  〇 相続人は特別寄与ではなく,寄与分として寄与の主張ができる。

4 条文

民法1050条1項

アクセス

千葉事務所

千葉駅徒歩3分

千葉市中央区新町1-17
JPR 千葉ビル12階
詳しく見る