遺留分とは|弁護士による相続用語集

相続「遺留分」の用語解説

弁TEL.jpg 弁護士による相続・遺産分割相談.png

相続弁護士の大隅愛友です。 

遺留分制度は,遺言者の財産処分の自由と,残された遺族の生活保障の調整の機能があるとされています。 

権利行使の期間制限があったり,遺留分の計算,算出方法が複雑なため,遺留分が問題となる場合,紛争になりやすいといえます。  

1 定義

遺留分とは、相続人の遺産について法律上必ず留保されなければいけないとされている一定割合、遺産の割合のことをいいます。

2 内容

遺留分は、被相続人(亡くなられた人)が、遺言によって一部の相続人または第三者へ相続させるまたは遺贈する旨の遺言を残した場合でも、相続人に最低限残さなければいけない相続分を定めたものです。

遺留分は、被相続人の財産処分権限と相続人の相続に対する期待権の調和を図るためのものといわれています。この割合を「遺留分」、このような相続人を「遺留分権利者」といいます。民法に定められた遺留分権利者は、配偶者、第1・第2順位の相続人です。被相続人の兄弟姉妹は含まれないので注意が必要です。

遺留分の割合は、第2順位だけが相続人の場合は算定の基礎となる財産の3分の1でそれ以外は2分の1となります。

遺留分を侵害された相続人は、侵害者に対し、遺留分減殺請求を行うことができます。この方法としては、交渉又は訴訟によることができます。

遺言を作成する場合には、相続人の遺留分を侵害しない内容を者を作成することが必要になります。

3 よくある誤解

① × 「遺留分はいつまでも請求できる」 
  〇 遺留分には消滅時効がある。

4 条文

民法1042条から民法1049条

アクセス

千葉事務所

千葉駅徒歩3分

千葉市中央区新町1-17
JPR 千葉ビル12階
詳しく見る