相続放棄

相続放棄とは

相続放棄とは、相続人が家庭裁判所へ申し立てを行い無条件に相続財産を放棄することをいいます。

相続放棄の内容

相続人には、相続を受け入れるだけでなく、相続しないという自由もあります。たとえば、親が借金を残して亡くなった場合などでプラスの財産よりもマイナスの財産の方が多いような場合です。

相続放棄を行った場合、相続放棄を行った相続人は、その相続に関し、初めから相続人ではなかったことになります。つまり、相続人が相続放棄をすることによって、相続人の組み合わせが異なってきます。そのため、後順位の相続人が負債を相続するような事態があり得ます。

このように、相続放棄と、遺産分割協議により遺産を受け継がないことは法的には全く異なりますので注意が必要です。

相続放棄の手続き

相続放棄は家庭裁判所へ相続放棄の申述を行います。相続放棄の申述できる期間は法律で決まっており、相続開始を知ってから3か月以内となっています。相続放棄を行うかどうか判断するためには、相続開始から3ヶ月以内に相続財産がプラスなのかマイナスなのか明確にしなければなりません。

そのためにも、できるだけ早い段階で相続財産の調査を実施し、仮にマイナスの財産が多い場合には相続放棄の申述をすることをお勧めします。

相続放棄の注意点

消費者金融などからの借入が多額にのぼり、一見マイナスの相続財産の方が多いように見えても、過払い金が発生している可能性があります。

また、相続放棄を行った場合、その後に見つかった相続財産について、主張する権利がなくなりますので、慎重な調査が必要です。

相続放棄を検討する場合でも、必要に応じて、専門家へ相談されることをお勧めします。

アクセス

千葉事務所

千葉駅徒歩3分

千葉市中央区新町1-17
JPR 千葉ビル12階
詳しく見る