裁判(調停・訴訟)

調停・審判(遺産分割、遺留分)

遺産分割の調停、審判とは、遺産分割について、相続人間で合意ができない場合に、家庭裁判所の調停・審判手続きを利用して解決を図る裁判手続きをいいます。

遺産分割は、本来、相続人同士の話し合いによる解決が最も円満な解決方法といえます。しかし、相続の場面では、相続人間で利害が対立し、それまでの感情的な問題などにより、相続人の意見が調整できなかったり、相続人間で全く話ができない状態になり、遺産分割協議が行えないこともあります。

詳細はコチラをご覧ください。

訴訟(遺言無効、不当利得)

裁判手続きとは、裁判官が対立する当事者(原告・被告、申立人・相手方)の言い分を聞いて、法律を適用し解決する手続きをいいます。相続の場合、家庭裁判所及び地方裁判所において、訴訟、調停・審判手続きなど、様々な裁判手続があります。

詳細はコチラをご覧ください。

アクセス

千葉事務所

千葉駅徒歩3分

千葉市中央区新町1-17
JPR 千葉ビル12階
詳しく見る