遺留分

遺留分とは

遺留分とは相続財産のうち、一定の相続人に必ず承継されるべき一定の割合の財産をいいます。これは被相続人が遺言により自由に処分できない財産で、被相続人が相続人に対して最低限残さなくてはいけない遺産の部分です。

遺留分制度は、被相続人の遺言による財産の自由処分と相続人の財産承継の期待の調整、相続人間に著しい不公平が生じたり、一部の相続人が経済的な基盤を失ったりすることを防止するための制度です。

詳細はコチラをご覧ください。

遺留分の計算

具体的な遺留分は、遺留分算定の基礎となる財産の額に上記の遺留分の割合をかけることにより算定します。

遺言により遺留分が侵害されているかどうかは、遺言を前提として取得される財産の額と遺留分の額とを比較することにより判断されます。

詳細はコチラをご覧ください。

遺留分の侵害

遺留分権者の受けた相続財産が遺留分に満たない場合は遺留分を侵害されたことになります(遺留分侵害)。遺留分を侵害された者は遺留分減殺請求権を行使して遺留分を取り戻します。

遺留分の侵害する遺言や贈与も当然に無効ではなく、遺留分減殺請求をして初めて減殺されます。遺留分減殺請求権は相続の開始と減殺すべき贈与や遺贈があったことを知ってから1年以内に行使しなければなりません。

詳細はコチラをご覧ください。

アクセス

千葉事務所

千葉駅徒歩3分

千葉市中央区新町1-17
JPR 千葉ビル12階
詳しく見る